ヘアケア方法 メンズ編

ヘアケア方法 メンズ編

女性に比べて髪が短い人が多い男性。だからといってシャンプー後は濡れたまま、飲んだ後にワックスをつけたまま寝てしまう、なんて悪い習慣が身についていませんか?
いくら髪が短くてもヘアケアは大切なわけで、もちろん女性同様に髪が痛んできます。今日はメンズのヘアケアの方法について見ていきましょう。

 

まず普段ヘアケアにはどんなことに気をつけていますか?頭皮のタイプによって油を落としたほうがいい場合や、カサカサでフケが多くでる場合などそれぞれ特徴が違います。
しかしヘアケアで共通していることがあります。それは普段のお風呂場で確認することができます。
1つ目は「洗う」こと。
2つ目は「髪に潤いを与えてあげる」こと。
3つ目に「髪の表面をコーティングしてあげる」ことです。

 

洗うこと、これはもちろんシャンプーのことです。男性は力任せにゴシゴシ!と擦ってしまう人が多いようです。こ
れだと髪に余計なダメージを与える結果になりかねませんので優しく頭皮をマッサージしてあげるように洗いましょう。

 

次に潤いを与えるのはトリートメントです。
髪の中に栄養成分などが浸透して髪に潤いやハリが出ます。そして最後にリンスやコンディショナー。
これらは髪の表面をコーティングしてくれるものでバリアの役目を果たしてくれます。

 

普段のヘアケアの方法は基本的に男性も女性も変わりません。
その日の汚れはその日のうちに落として、お風呂場でしっかりケアするようにしましょう。
もちろん濡れた髪は痛みやすくなるのでそのまま就寝はご法度ですよ。メンズといえど髪のケアは怠らないように気をつけてくださいね。